画像詳解 完全病理学 総論
T.
病理画像の意味と染色法の基本
  1.病理画像の基礎
    @ 病理画像の見方のイロハ
  A 検査値の読み方
  B 病理標本の作り方
    1)固定
2)切り出し
3)脱水・包埋・薄切
4)染色・封入   
      ◆PRINCIPAL 検体処理のノウハウ
◆COLUMN 病理診断の目的意識とその役割分担
    C 電子顕微鏡観察
  D 細胞診断
      ◆PRINCIPAL 術中迅速診断
◆COLUMN 「死の医学」への日記から
◆COLUMN 病理医による病理診断の説明の奨め(患者さん向けのアピール)
◆COLUMN 検体や臓器の廃棄にまつわる倫理的問題
◆COLUMN 同意書に「所有権の委譲」を明記することが望ましい
◆COLUMN 個人情報保護と症例報告

  2.染色法の基本と特徴
  @ hematoxylin eosin (H-E)染色
  A Papanicolaou染色とGiemsa染色
  B PAS染色とPAM染色
  C その他の一般染色
  D 酵素組織化学染色
  E 免疫組織化学染色
      ◆STEP UP 生体における特異反応
U.
細胞の異常と病変のしくみ
  1.正常とは
    @ 正常の定義
      ◆COLUMN ビルハルツ住血吸虫の話
    A 正常組織の色
      ◆STEP UP カロチノイド
◆COLUMN 英語の三拍子と日本語の四拍子と
◆COLUMN サケ、生物界における物質循環の使者
◆COLUMN Cirrhosisの語源
◆COLUMN 副腎皮質の色
◆COLUMN ミトコンドリアの色
◆COLUMN 色へのこだわり:イデユコゴメ

  2.病変を考えるための基礎知識
 

  @ 核クロマチンの意義
  A 細胞増殖とアポトーシス
  B 細胞増殖から見た3種の細胞群
  C 胃底腺の特殊な細胞動態:抜きつ抜かれつ方式
  D 小腸絨毛の血流と細胞機能、そしてアポトーシス
  E 絨毛状(乳頭状)構造をとる上皮性組織

      ◆STEP UP 小腸絨毛先端部の円錐形とアポトーシスの関係
◆COLUMN 結腸のなぞ
◆COLUMN お尻の話
    F 胃粘膜における腸上皮化生の意義
  G 基底膜をつくる細胞
  H 筋上皮細胞
      ◆COLUMN 何のための白衣か
◆STEP UP 粗面小胞体で作られる蛋白 vs ポリゾームで作られる蛋白

V.
細胞傷害と疾病
  1.病因論
    @ 疾病の内因と外因
  A 外因死
    1) 物理的傷害による死
2) 化学的傷害による死
      ◆PRINCIPAL 変性の概念
◆PRINCIPAL 内分泌攪乱物質(環境ホルモン)
◆COLUMN 解剖の種類
    B 遺伝性疾患
      ◆COLUMN 女性が男性より長生きする理由
◆STEP UP 遺伝学的検査と遺伝子カウンセリング
◆STEP UP ゲノム・インプリンティング
◆STEP UP ミトコンドリア母性遺伝とミトコンドリア脳筋症
◆STEP UP 胞状奇胎と雄核発生
    C 先天奇形
      ◆STEP UP 葉酸欠乏と無脳児
 
2. 代表的な細胞傷害
    @ フリーラジカルと脂肪肝
  A アミロイドーシス
      ◆COLUMN 医療の3つの壁
◆PRINCIPAL 化生の概念
    B 栄養失調
      ◆COLUMN グレープフルーツと納豆とお茶の話
◆COLUMN 干し柿は太る! 〜フルクトース代謝の話〜
◆COLUMN 経口糖尿病薬とおなら
◆STEP UP アスピリンジレンマ
    C 水溶性ビタミン欠乏症
      ◆STEP UP 高カロリー輸液とビタミンB1欠乏、そしてビタミンK欠乏
◆COLUMN 脚気
    D 脂溶性ビタミン欠乏症
      ◆COLUMN ワルファリンとヒルジンの話

W.
循環障害
  1.循環障害のメカニズム
    @ 血栓、塞栓、梗塞
  A 出血
  B 浮腫・水腫
      ◆COLUMN ゼッタイに必要な高血圧
◆COLUMN 日本語だけで学問できる幸せと不幸
◆COLUMN 黄金分割比φとフィボナッチ数列

X.
炎症
1.急性炎症のメカニズム
    @ 炎症の徴候「赤腫熱痛」
  A 炎症反応
  B 細胞内殺菌
  C 急性炎症の結果
  2.慢性炎症
  @ 慢性炎症

Y.
感染症と感染防御
  1.感染と感染防御のメカニズム
    @ 病原体と感染防御反応
  A 易感染状態における日和見感染症
      ◆PRINCIPAL バイオフィルム感染症
◆STEP UP 造血幹細胞移植における日和見感染症
◆STEP UP 胎盤を通過するIgGとgut closure
◆STEP UP 髄膜炎と莢膜糖鎖抗原
◆STEP UP 下痢原性大腸菌感染症
◆STEP UP ツベルクリン反応陽性は結核菌に対する抵抗力を意味するか?
    B 病原体の標的細胞、標的臓器
  C 中和抗体と持続感染
      ◆COLUMN 患者さんのためにインフルエンザワクチンを接種しよう!
    D 病原体の感染経路
      ◆PRINCIPAL 院内感染防止対策
◆STEP UP ブドウ糖非発酵グラム陰性桿菌
◆STEP UP ヒト→ヒト感染性を欠く感染症
◆COLUMN ゼンメルワイスの悲劇を繰り返さないために
◆COLUMN 正しい手洗いの方法
    E 病原体の病原性
      ◆STEP UP コレラ菌はヒトにコレラを引き起こすために存在するのか?
◆STEP UP 生きてはいるが培養できない細菌:VNC
◆STEP UP スーパー抗原
◆COLUMN Ewaldの仮説 〜病原体弱毒化のメカニズム〜
    F 針刺し事故
      ◆COLUMN 医療事故をいかに医療の安全に生かすか
    G 感染リスク応じた対策
  H 内因性感染症と外因性感染症
      ◆COLUMN 病院のにおい
◆COLUMN 見えなかったピロリ菌
◆COLUMN 感染症こぼれ話
  2.病原体の形状と免疫事始め
    @ ウイルス性封入体
  A 「免疫」は自己の認識から始まった!
  B 粘膜免疫の話
      ◆STEP UP 胸腺髄質で分化するNK-T細胞
◆COLUMN 医神アスクレピアスの杖
◆COLUMN 形質細胞の不思議
◆COLUMN 非効率

Z.
腫瘍
1.腫瘍の種類と分類
    @ 良性腫瘍 vs 悪性腫瘍
  A 上皮性腫瘍 vs 非上皮性腫瘍
  B 腫瘍の色
      ◆COLUMN 検体取り違え
    C 転移洋式
  D 異型度と病期
  E タチのいい癌、悪い癌
  F 腫瘍の放射線感受性
      ◆STEP UP 癌、がん、Cancer
    G 上皮内癌(非浸潤癌)
      ◆COLUMN 上皮内癌は進行癌へ移行するか
    H 細胞診断のクラス分類
      ◆COLUMN 「頑張って」:使っていいとき、いけないとき
  2.腫瘍の発生と分化
  @ 発癌機構
      ◆STEP UP ゲノム創薬
    A 機能性腫瘍と腫瘍随伴症候群
  B 腫瘍マーカー
      ◆STEP UP 血清CEAが増加するメカニズム
◆STEP UP 癌に関するお得な情報
◆COLUMN 生物界の摂理 〜生殖年齢を過ぎたら生物は死ぬ運命にある〜
◆COLUMN 税金のかからない臨時収入の話

   

  close