「病理診断ってなあに?」
病理学会:広報パンフレット

  欧米では病理医は内科医や外科医と同様、一般市民にもよく知られた存在だが、わが国の病理医に対する認識は残念ながら大変低い。これは一般市民の傾向にとどまらず、医療従事者や医学生にも、病理医は研究者(すなわち、病理学者)としての一面しかないように思われていたり、解剖ばかりしている変わりものの医者としか思われていなかったりする場合さえある。現実に病理医に託された最も大きな業務は、生検組織診断、術中迅速診断、細胞診断および病理解剖よりなる「病理診断」であり、顕微鏡を使った正確な病理診断の提供を通じて、診療行為の精度管理にも重要な役割を担っている。つまり、診断と治療よりなる臨床医学のうちの診断部門を支える臨床医としての側面が重要なのである。
  わが国の病理医が抱える問題点として、基礎医学講座に位置づけられる病理学講座のあり方と「病理科」標榜の不達成を背景に、病理医の慢性的不足、卒後病理研修制度の未熟性、剖検率の低下、病理診断を含んだ包括医療化の流れ、病院のコスト削減策としての病理診断外注化、衛生検査所(検査センター)で行われる病理診断の質(十分に質が高いといえない場合がある)、臨床医による病理診断の実施(すべての病理検体が病理診断室に提出されるとは限らないこと)などがあげられる。これらは、一般市民・医療従事者の病理医・病理診断に対する認識不足が原因の一端を担っている。むろん、病理医自身、大いに反省・努力しなければならない。医学部改革の流れの中で、川崎医科大学、東海大学のほか、東京大学、京都大学、京都府立医科大学、奈良県立医科大学などで、臨床講座としての病理診断学講座が少しずつだが広まってきている。
  最近、一般市民に対する啓蒙活動の一環として、病理診断に関するわかりやすいリーフレットの作成が、日本病理学会医療業務委員会(委員長、広島大学医学部病理学、井内康輝)により推進された。本講座の堤と松山が中心となって作成した小冊子(A4版三つ折り、両面印刷二色刷)をここに紹介する(印刷所:(有)ノーブル・プレス noble@sepia.ocn.ne.jp)。このリーフレットは大学病院や病理医のいる市中病院の外来部門などにおかれ、一般市民が無料で入手できるよう配慮されている。より質の高い医療を提供するため、病理医の存在と診療における病理診断の役割が市民に広く知られることが強く望まれる。

(100枚¥4,000、税別、(社)日本病理学会(ノーブルプレス)、2003年4月)

close