「呼吸器細胞診、スラカン100問」について


 この呼吸器細胞診断用トレーニングセットは、もと国立療養所沖縄愛楽園検査室(病理)の渡邊友宏(現在、熊本県在住)が細胞検査士の自学自習用に作製した100組のスライドセットとその簡単な解説集です。

 藤田保健衛生大学医学部第一病理学の堤寛が解説を補充し、インターネット用web site作成ならびにCD化を行いました。なお、「スラカン」とはスライドカンファレンスの略です。

 パパニコロウ染色の低(中)倍率と高倍率の2枚の組みスライドから推定診断をするように仕組まれています(一部症例は1枚のみ)。年齢・性別、検体採取法、および簡潔な臨床所見を参考として、5つの選択肢の中から正解を導いてほしいと思います。

 Common diseaseのみならず、比較的珍しい病変・病態の細胞所見も含まれています。呼吸器細胞診断で遭遇する可能性のある病変・病態はほぼ網羅されていると思います。なお、重要疾患は繰り返し登場します。

 この「スラカン100」は、少ない情報から病変を推定する認定試験(細胞検査士、細胞診専門医、病理専門医)向けのトレーニングに適していると思われます。

 100問100点満点で自己採点できます。一応、75点を合格点として設定しました。呼吸器細胞診の精度向上に少しでも役立つことを心より祈っています。

 Web site作成とCD化に関して、法政大学情報科学部2年、林 桐太氏の技術協力と藤田保健衛生大学医学部第一病理学教室秘書、八代千賀代氏の努力に深謝します。

2008年6月


このサイトについてのご感想、ご意見は下記までお願いします。

渡邊友宏(趣味:トライアスロン):wata.1221@buz.bbiq.jp
堤 寛(趣味:オーボエ演奏):tsutsumi@fujita-hu.ac.jp

close