1.腎病変:1〜31 2.非腫瘍性肺病変:32〜38 3.腫瘍:39〜84 4.血液疾患(骨髄):85〜106
5.末梢血:107〜119 6.リンパ節:120〜127 7.感染症:128〜166 8.脳:167〜168
9.尿沈渣:169〜171 10.子宮内膜・妊娠関連:172〜180  


血液疾患(骨髄) 85〜106
No
 診断  説明
85
 ALL (L2)
 顆粒なし、核クロマチンが粗剛、AML(M1)と比較せよ(骨髄、May-Giemsa染色)
86
 AML (M1)
 顆粒なし、核クロマチンは繊細(骨髄、May-Giemsa染色)
87
 AML (M2)(1)
 Azur顆粒とAuer小体あり(骨髄、May-Giemsa染色)
88
 AML (M2)(2)  細胞質内の顆粒が青褐色に陽性(骨髄、ペルオキシダーゼ染色)
89
 AML (M3)  粗大な大型顆粒が充満(骨髄、Auer小体なし)(May-Giemsa染色)
90
 AML (M5)  核の切れ込みと細胞質の微細顆粒(骨髄、May-Giemsa染色)
91
 ATL  クローバ型の分葉状核、大きさは小リンパ球大(末梢血、May-Giemsa染色)
92
 CLL, B細胞性  正常リンパ球(大リンパ球:左、小リンパ球:右)と区別がつかない(末梢血、May-Giemsa染色)
93
 MDS(1)
 偽ペルゲル核異常 (骨髄、May-Giemsa染色)
94
 MDS(2)  デーレ小体(細胞質内の淡好塩基性封入体)、中毒顆粒(骨髄、May-Giemsa染色)
95
 MDS(3)  PAS陽性赤芽球、骨髄巨核球もPAS陽性(骨髄、PAS染色)
96
 MDS(4)  環状鉄芽球、三価鉄がミトコンドリアに沈着(骨髄、鉄染色=Berlin青染色)
97
 転移性肺小細胞癌  結合性を示す異型細胞の集塊(骨髄、May-Giemsa染色)
98
 多発性骨髄腫
 異型形質細胞(二核細胞あり)(骨髄、May-Giemsa染色)
99
 再生不良性貧血  脂肪細胞の集塊、造血細胞なし(骨髄、May-Giemsa染色:低倍率所見)
100
 悪性貧血  巨赤芽球と著しい赤芽球増生(骨髄、May-Giemsa染色)
101
 ウイルス関連血球貪食症候群
 血球貪食性マクロファージ、有核細胞、赤血球、血小板を貪食(骨髄、May-Giemsa染色)
102
 特発性血小板減少性紫斑病(1)
 小型骨髄巨核球の増生(骨髄穿刺液、HE染色)
103
 特発性血小板減少性紫斑病(2)  小型骨髄巨核球の増生、血小板産生なし(骨髄、May-Giemsa染色)
104
 慢性骨髄性白血病  血小板産生性骨髄巨核球の増生(骨髄、May-Giemsa染色)
105
 特発性骨髄線維症(1)  骨髄巨核球の増生と線維化(骨髄生検、HE染色)
106
 特発性骨髄線維症(2)  高度の骨髄線維化、銀線維の増生によるドライタップ(骨髄生検、鍍銀染色)